チコちゃんでやってた声の秘密



先日、NHKの番組「チコちゃんに叱られる」で、

鼻を摘んで声を出すと、何で声が変化するのか?

という問題をやっていました。


結論は、鼻の穴からも声が出ていて、

口から10センチくらいのところで、

口の声と、鼻の声が合わさって「声」

になるとのことでした。



それを聞いて、

「あぁ、なるほどな〜」

と実感しました。


その理由は、歌う時のマイクとの距離感です。


カラオケなんかでも、

オケの音量に負けないように、

マイクを口に近づけすぎて、

逆に声が籠ってしまうという現象が起きます。


それはまさに、

口の声だけしかマイクが拾えていない

ということだったのですね。


良い声で響かせようと思ったら、

口から10センチくらい話したところに

マイクを置くのが良いということです!



僕自身、

正しいマイクの使い方ができていた。

ということで安心しましたw



あえて、

籠った感じの音を出したい場合は、

マイクに近づけばいい。


何だか腑に落ちた回でした!w



p.s.

ちなみに、

演歌の方で、ロングトーンの時にマイクを下に離す方がいますが、

PAさん(音響の方)からしたら、

「音の調整が面倒だからやめて欲しい!」

というものだそうです。


よくよく考えれば、口(声)は前に向かっているのに、

マイクを下に引いちゃったら、いくら声量があっても

音量変わるよな。と思います。


いつの間にか根付いた演出らしいですが、

テレビにしろ、ライブにしろ、スタッフの方がいて、

初めて成り立つもの。

協力して良いものを作っていければ良いですね!





ではでは。



エニフジ